<大分弁辞典プロジェクト>

あらまし いいかげん あんしん仕事は、あらましじゃ
あんげ
あっち
それやったら、あんげにあんで
いっすんずり 交通渋滞で前に行かない こんいっすんずりじゃー、今日はよーつかん
いびしい 身近にあるのもいやらしい そん、いびしいゴキブリん死体、どげーかしちくれんかえ
いぬる
かえる
しゃーしー。はい、いね
いのちき
生計【地域?】
【用例?】
うたちい 悪臭がするように汚い そん、うたちいパンツ、はよー捨ちちくれんかえ
えらしい かわいい あそこんこ、えらしーなー
おしなぎい もったいない まだ使えるにー、捨てるんはおしなぎー
おじい こわい うちん奥さん、おじーんじゃ (実際に顔をゆがめることが必要)
おらぶ 絶叫する そげえ、おらばんでもええやろー
おろいい
おんぼろである、質が劣っている【大分、県南】
あげえおろいい車に、まだ乗りよんの?

ずるがしこい、性根が悪い【県北】
あんし、しんけんおろいーきー、すかん
がさご がさがさした子供 こん、がさごが!静かにせんと、ちーまーすど!
かたる
メンバーとして参加する
なに遊びよんの?うちもかたらしちょくれ
かてる
メンバーに参加させる
なに遊びよんの?うちもかてちくれんかええ
がまる しつこくつきまとっていじめる あんまりがまるとなきだすけー、やめちょけ
かやす
ひっくり返す
コップをかやしちしもうた
かるう
背負う
人生は重き荷をかるうて行くがごとし
きさねえ 汚れている きさねーかお、はいあれえ
ぎっちょ
ひだりきき
あんし、ぎっちょや
きにょー
きのう
きにょーなんしよったん?
ぎゅうらしい 大げさだ あんしんゆーこつ、ぎゅーらしーけん、きかんほーがえー
けちゅうら ふざける人 あんしは、けちゅうらじゃ
けーまがる くたばる あんばかたれ、けーまがれ
げさきー 下品である あんおやじ、ゆーことがみなげさきーけんすかん
げってん 頑固な変わり者 あん店ん親父げってんじゃー
こさぐ
こすりおとす
ごはんこそいで食べよ
こしきい 策謀で先を越す あんしは、こしきーけん、きーつけちょって
こんげ
ここに
こんげ、置いといちくりー
さかしー
すこやかだ【地域?】
【用例?】
ざまねえ 形がなく情けない 見ちみー、ざまねーこと
個人 あそこんおるし、知っちょる?
しかぶる 小便をもらす やーい、やーい、しかぶった
しちくじい 細かくくどい しちくじーなー。女の腐ったんみちーじゃ
しちょん 現在完了形でそうなっている あー、またしかぶっちょん
しゃーしー うるさい しゃーしーきー、静かにしちょくれ
しゃっち
しょっちゅう
しゃっちそげなことゆーてから
しよん 現在進行形でやっている いま、しっこしよん (→しちょん)
しらしんけん
ほんとに一生懸命
落第するかもしれんきー、しらしんけん勉強しよ
じりい
ぬかるんだ状態である【地域?】
【用例?】
しんけん とっても あそこん店んとり天、しんけん、おいしー
ずつねえ 頭が痛くなるほどつらい しもーた。どげーしょーか。あー、ずつねーなー
ずりきい 汚い手でやっていることがずるい あんしは、しんけんずりきーけん、すかん
せる 体全体で押す すまんけど、車せっちくれんかなあ
せんすな
しないほうがいいよ
わりいいたずら、せんすな
だまくらかす 大いにだます うめえ話にだまくらかされた
だった 何かをやって疲れ果ててしまった あー、だった。もーなんもよーしきらん (→よだきい)
ちちます ぼこぼこぶん殴る しゃーしーな、ちちますど
ちーたたく 強くたたく そげー、ちーたたかんでん、いいやろ
ちーまーす ぶん殴る ゆーこつきかんと、ちーますど
ちゅうら
ふざけるひと(「けちゅうら」よりまし)
あんしっち、ちゅうらやけど、おもしりーんで
どおくる ふざけて馬鹿にする あんた、あたしんこつ、どおくっちょんな
どげえもこげえも どうもこうも どげーもこげーも、よーしきらん
どっとん どんどんどんどん あんしはどっとんどっとん仕事すん
どんこんならん
どうにもならない
あんた、泣いちょったってどんこんならんで
なぁなぁ
ねえねえ
なぁなぁ、あんたはあたしのこつ好きなん?
なし なぜ なし、なし、そーなん?
なしか なぜか なしか淋しい秋の夜
なば
きのこ
なばいっぱいとれたき、もっちっちくれんかえ
なんかかる
寄りかかる
そこんふすまに、なんかかりなんな
ぬきー 暖かい きょうはぬきーなー
ねじきー
しつこい
ねじきーやつじゃなあ、あんたっち
ねじきね
強情者
ああ言やこう言うち、あんたねじきねじゃなあ
ねぶる
なめる
皿までねぶらんでもいいにい
のーならかす 紛失し見つからなくなる あんた、よーもののーならかすなー
はげらしい 暴れたいほどむかつく こげんこつされちょっち、はげらしいとおもわんので
ばされえ
とても
今日はばされえあちいなあ!
はつる
びんたする
一発、はつりたおしちょいで
ひさしー 久しぶり あんた、ひさしーなー。どげーしちょったんで
ひじい 気力はあるのだが、息切れするほど疲れている こげーありーたけー、もーひじーわ (→だった)
ひちくじい だらだらとくどい ひちくじーこつ言わんで、はよ決めよーや
びびんこ
肩車
とーちゃん、びびんこしちくれんかえ
ひりかぶる 大便をもらす こん子、またひりかぶっちょん (→しかぶる)
ふがいい 不運をまぬがれる あー、ふがよかった (→反対語は「ふがわりー」)
ほかる
捨てる
こら腐っちょんけんほかるで
ほぐ
開ける
障子にに穴ほいだんだれね!
ほたくりなげる 放り投げる 脱いだもん、部屋にほたくりなげんちょって
みのけねえ
あさましい
そらまたみのけねえこっちゃなあ
むげねえ 無残でかわいそうだ あんし、むげねーなー
むどらしい
愛くるしい【地域?】
【用例?】
めんどしい
はずかしい【地域?】、面倒くさい【地域?】
【用例?】
やぜねえ
忙しい【地域?】
【用例?】
やつがい
晩酌【地域?】
いいちこじ、やつがいするかぇ
よこう よこになって休む ちょっと、よこわさしちょくれ
よだきい 疲れていないが、やる気が出ない 買い物行けっち?よだきーなー (→ひじい)
わが
おまえ
わがん名前はなにかえ?

大 分弁は、標準語と違って進行形「〜しよん」と完了形「〜しちょん」が明確に区別されています。
たとえば「雨が降りよん」は、目の前で雨の滴が落ちているか、長いこと降り続いている状態。また人間の行為の場合には、習慣を表すこともできます。
「雨が降っちょん」は、雨が降ってしまったという事実を強調します。現在、雨が降っていなくても、外の水たまりを見つけて「雨が降っちょん」ということも 可能です。