安心院の鏝絵NO.2〜4
NO.2勝見家高明「虎に竹」作者・高吉、年代・明治  虎は「疫病除け」として描かれた 。青色が竹 かっては、商人の泊まる旅館として栄えただけあって大きな造りである
NO.3賀来信子家「唐獅子」作者・高吉、年代・明治  当時の左官はライオンを見たことがなかったのか、虎のようにも猫のようにkも見える。青い色は笹であるが、当時は緑色が出なかったことも分かる もうひとつの「七五桐」は台風17号で陥没してしまったが、さいわい写真が残っていた
NO.4〆野家「花菖蒲・水文字」作者・年代・不明    水文字は、防火の願いがある。鏝絵もかなり風化してよく見えなくなった 町としても鏝絵の保存を考えてはいるようだが、それには何分たくさんの費用がかかるようだ

安心院鏝絵一覧表に進む