安心院の鏝絵NO.1
重松忠一氏宅の鏝絵


重松氏の祖先は、庄屋をしており、下の家は大工を京都に派遣し宮づくりの勉強をさせた後に建築したもので明治17年の築です。

 
4つの鏝絵がる重松氏宅の3階部分 1 「虎」 虎は疫病よけです 
2 「龍」 龍は繁栄が願い 3 「三階松」 重松家の家紋
4 「豊後富士」 豊後富士とは由布山のこと 正面から見ると丸窓も見える
3階部分は、天守閣みたいになっている 町並みも多少残っている
安心院の鏝絵一覧表に進む