安心院の鏝絵NO27
NO26は登録取り消しになりましたのでご了承下さい。安心院の鏝絵も今度は津房地区に入りました。今回はNO27永田九州男家の訪問です。
永田九州男家にはご覧のように3カ所に鏝絵がしっかり保存されています。 制作年代:明治18年。職人名:山上重太郎と年代、制作者がはっきりしているのも特徴です。
NO27の3外法はつるつるてんの頭を床屋(サンパツ屋)に剃らせてると言う滑稽な絵ですが、当時の鏝師がユーモアに富んでいたこを伺わせる作品です。
お気づきと思いますが、どれも保存状態がいいのは長男の知徳氏が勉強しながら修正したようです。ところが絵のうまい氏は、今度は自分で鏝絵制作に打ち込むようになり作品を残したり子どもに教えたりと活躍しています。
NO27の1 母屋戸袋に「に松」 制作者は上市の山上重太郎
NO27の2 母屋戸袋に「虎」 NO27の3 母屋戸袋に「外法」

安心院鏝絵一覧表に進む