〜七夕GMイベント〜

 

七夕でのGMイベントのレポートです。

7/7日の七夕の日ムーングロウの七夕のイベント会場にいた
VegaとAltailが人込みにまぎれて逃げ出したとの
タウンクライヤーからの情報が入りました!
しかし倭国は落ちてて入れませんTT
仕方なくギルメンのみんなと瑞穂にキャラを作って見学に行ってましたが
どこを探していいのかサッパリです。
そうしてるうちに倭国復活の情報が入り倭国に戻り
色々ないるかもしれない名所を探しに行きましたが・・・。

 

どこを探してもいないVegaとAltail。
探し疲れて最後にくるであろうニュジェルムの
結婚式場で張ることにしました。
(他の終わったシャードでは結婚式場でエンディングとかあったので)
他のみんなはすでに落ちてしまい、他のPCの人とおしゃべりしてました^^;
他にも同じ考えの人が続々と集まってきます。

 画像はこちら

あまりに暇なので誰かが近くにいた犬にVegaのなまえを付けてます^^
しかしこれが後でおもわぬ伏線になろうとは。。。

 画像はこちら

待つこと1時間程。。。ついに紫ネームのAltailが現れました!!
みんな走って結婚式場の裏にあるお花畑に移動します。
時間は3時50分過ぎ。。。

 画像はこちら

いたーーーー!!

 画像はこちら

やっと現れて感動もひとしおでした^^
みんなおはよーと挨拶します。
Altail「おはよー・・・もう朝か・・・」
Altail「あのさーそろそろ帰らないといけない時間だよね・・・」
んーやっぱりエンディングですか〜、残念です。

 画像はこちら

Altail「なんというか・・・」
Altail「僕のかわゆい彼女知らないかな?」
!?
その時少なからず思った人もいたのではないでしょうか
いまからなのか・・・と

時間はすでに4時・・・長くなりそうです^^;

 画像はこちら

Altail「Vegaっていうんだけど・・・」
その時だれかが、そこにいるよといいました

Altail「どこ?」
PC「犬がいるよ」
Altail「犬?」
そう、そこにはさっきの名前をVegaに変えた犬がいました^^
Altail「ほんとだ・・・」
Altail「変わり果てた姿になっちまって。」
しばし無言のAltail^^;

 画像はこちら

Altail「もっと・・・」
Altail「普通の女の子なんだけどさ。みてないかな?」
その時Altailがバーストに入りました!
他の人もバースだ!と驚いてます
Altailバーストあったんですね、一年に一度ですね^^;
そして手がかりはと聞いてみると
Altail「手がかり・・・か」
Altail「今年はきれいなところを」
Altail「見てまわろうねって約束してたんだよ」
Altail「なんだけどね」
Altail「どこにいるんだろう」

PC「きれい?」
Altail「うん、きれいなところとか、いろんな名所とか」
Altail「思いでつくろうって」
だれかが望遠鏡?と聞くと

Altail「望遠鏡・・・」
ちょっと目を離したすきに姿を消すAltail 。。。
さっきの情報をもとに急いで望遠鏡へいってみると。。。

 画像はこちら

望遠鏡へ到着すると、Altail発見!!
Altail「今回のデートはさ」

PC「綺麗な所」
Altail「そうそう。」
Altail「よくしってるねえ・・・」
自分でいってたじゃん。。。
PC「どこか行く約束してた場所とかは?」
Altail「うーん」
Altail「Vagaちゃんの開くMoon Gateでお出かけする事になってたから」
Altail「どこだかわかんないんだよねえ。」

PC「どこか目印とかは?」
Altail「ぼくも名所を歩き回っているんだけど・・・」
Altail「目印というのはとくに・・・」

 画像はこちら
Altail「二人で感動できそうなところって」

Altail「Vagaちゃんはりきってたんだけどなあ。」
プレイヤー「デンのお風呂?」
Altail「Britaniaにはあるのかい?」
PC「バッカニアーズガーデンにお風呂がありますよ」
Altail「へーーー」
Altail「そこかなあ・・・」
Altail「(うっとり)」
なにかよかわぬ想像してるAltail・・・
他のプレイヤーからエロそうなどど声が飛び交います^^;

 画像はこちら

Altail「いやいや」
Altail「僕たちは清い交際をね。」
Altail「しているよ。」
いいわけくさい・・・
Altail「それはともかく」
Altail「そこらへんの名所というのでVegaちゃんに会ったら
Altail「僕が探してるって伝えておいてくれないかなぁ」
Altail「お願い・・・」

PC「Vegaさんもあなたの事探してるようでしたけど」
Altail「グス・・・」

 画像はこちら

プレイヤー「連絡手段は?」
Altail「そうだなぁ」

Altail「見つけたら」
そういって展望台に移動して
Altail「ここを覗くと僕の星がみえると思うから」
その言葉が終わらないうちに殺到するプレイヤー・・・
Altail「見える?」
見えない・・・・
Altail「そんなに大勢で・・・」
Altail「その星に向かって呼んでもらえれば」
Altail「それじゃあよろしくね!」

そういってまた姿を消すAltail
次の場所だと思われるお風呂屋に行きました。

 画像はこちら

次へ