貝から鳥が出てくる!
 大分県中津市へ出張に行った花染さんからお土産をいただきました。私は小学生の頃中津に住んでいたことがあるので、とても懐かしい。中津の海の景色が目に浮かびます。  中津名産“はまぐりしるこ”。抹茶味もあるとは知らなかった。主流なのはあずき味。ぜんざいです。
 私が小学生の頃は中津の海は貝堀りシーズンにはアサリだけでなくハマグリもとれていました。今もとれるのかな?
 最中と間違えられることもありますのでご注意を。ハマグリ形の最中のなかには粉末のあずきか抹茶が入っています。なので、茶わんかカップに入れて、150ccくらいのお湯を注ぎます。
 さっそくカップに入れます。抹茶味のは食べたことないので、迷わず抹茶味を選びました。  お湯を入れると最中が柔らかくなって、中から紅白の最中が現れます。  鳥です!初めての抹茶味は、・・・抹茶っぽかった。うん、まあおいしいかな。それより楽しいほうが大きい。
 あずき味を選んだ梅野さん。「おいしい、これ、おいしい!」と絶賛。  そんな様子を見ていた鳥好きの松永さんは、最中に穴をあけてきれいに鳥が出てくる方法をあみだしました!  松永さんも「うん、おいしい」と満足してます。やはり、抹茶よりあずきのほうがおいしいようです。
★お店データを紹介します。
店名:蛤志る古本舗 武蔵屋総本店
住所:大分県中津市牛神424-4  TEL:0979-22-1191 
 大人がよく、子どもが喜ぶだろうと思って買ってくるお土産です。でも、味はどちらかというと大人向けだと私は思います。寒い今の季節にぴったりのお土産ですよね。仕事の合間にうれしい甘いおやつです。ありがとうございました!

2005/2/14 岩本祐希子(yiwamoto@fat.coara.or.jp

インサイダートップページへ /天神コアラ