ガラシャ編集部から創刊の告知に!
(2004.6.18)
 熊本で生まれた「月刊誌ガラシャ」が九州版になって福岡でも創刊されることになったそうです。創刊号はどど〜んと150ページもあって、読み応えばっちり。キレイな写真も見ごたえあるけど、読み応えもたっぷりあって町ネタ雑誌というより、町ネタ+読みもの雑誌というような印象です。

 「あとでじっくり読ませて」と梅野さん。

 ビタミンカラーが新鮮な表紙ですね。創刊号は6月20日発売。

よろしく!

 

編集部の井上さん、「ファッション系を中心に、なんだか面白いことやっている人をクローズアップしています!」

 なんとブルーフォンセのお土産も持参いただきました!(わざわざスイマセン)

 「みなさんに喜んでもらえたらいいんですけど・・」なんて、ありがたいことです。

お土産まで!
松永さんも喜んでたよ

 ご心配なく、ちゃんとみんな大感激でいただきました。

 金曜日のあわただしい社内が、一気に和みました。あぁ、本当においしかった。ほわん。福岡に読み込める雑誌が増えるってことは嬉しいです。

 個人的にも雑誌、本屋さんが大〜好き。地域情報誌はもちろん、日経TR○DY、日○BP、少年誌(ジャ○プ、サン○ー、マガ○ン)、オレンジ○ージ、non○o、M○RE、ana○、ku○el、rel○x、通○生活、ア○ヒパソコン、暮らしの○帳、音楽系雑誌などまだまだ読みまくります。最近は面白い雑誌がたくさんでていますよね、くらしにおけるネットの捉え方も移り変わってゆくので、勉強になります。

 創刊前のガラシャは『ここ行こう、ここ行こう!』と回し読みされ、盛り上がりましたよー。本当に読み込めるので、皆さんも書店で見つけたら手にとってみてくださいね。応援しています☆


reported by tomoko tanaka : orange_@elf.coara.or.jp