アラスカのお土産

 アラスカ(アメリカ)のフェアバンクスに旅行に行かれていた、西日本新聞記者の真弓さんがちょっとかわったお土産を持って天神コアラに立ち寄ってくださいました。

 そのかわったお土産はこれ!北アメリカにいる「ムース」(ヘラジカ)という動物のを乾燥させ匂いをなくして花の種を入れたもの。

 花はアラスカ洲の花で「わすれなぐさ」(いぬのふぐり)だそう。(匂わないと言っていたが、あけるとけっこう臭い。。。)

 

 アラスカには「オーロラ」を見る目的で行かれた真弓さん、「オーロラは光りのカーテンのような、光りの柱が天空から落ちてきているような、、、言葉にならないほど奇麗でした」と話されていました。

 その話しがすんだ後。。。「うふふ。ノースウエスト(007)航空スチュワーデスの○○さん(名前まで覚えている)がめちゃくちゃ奇麗やったとって。あんな美人久しぶり見たぁ〜」だって。

 
Reported by sumiko umeno (sumiko@fat.coara.or.jp)

インサイダートップページへ