(2002.11)

あちこちにちりばめられた雪の結晶が見所
 >>> 岩田屋 Z-SIDEのイルミネーション制作過程


きらめく青色の光とミラーボールが幻想的
 >>> 福岡天神・大丸のイルミネーション制作過程
イルミネーションができるまで
 天神の街を彩る数々のイルミネーション。クリスマスが近づくと、その輝きはいっそう美しさを増します。
 見ているだけでウキウキした気分にさせてくれるイルミネーションですが、一瞬にして「街を衣替え」させるのには大変な苦労があるはず!?
 そこで今回、IWATAYA Z-SIDEさんと福岡天神・大丸さんの「イルミネーションができるまで」を密着取材。
 天神のクリスマスは、こうして作られる!!!

 イルミネーションの制作に携わるスタッフの方にインタビュー!今年の見所や出来上がるまでの苦労、ご自身のクリスマスの過ごし方までをうかがってきました。

※注:ブロードバンドユーザー向きの映像です。視聴するためには、Windows Media Player(無料) のダウンロードが必要です。



 昨年はメリーゴーラウンドがとってもステキだったIWATAYA Z-SIDE。今年も期待がかかります。

 今年は『IWATAYA WHITE CHRISTMAS』と題して全館をイルミネーションでデコレートするとのこと。ショーウィンドウもそのテーマにそって模様替えをします。
 クリスマスは、年齢を問わず誰もが楽しめる時期。一年の締めくくりとなる12月に、「今年はよかった。来年も頑張ろう!」と思ってもらえるように、イルミネーションの企画を考えるのだそう。

 9月から温めてきた企画が、実現に向かって第一歩を踏み出すとあって、取材するほうもなんだか気合が入ります。

 準備中の立て札を立てて、作業開始!
 まずは背景から。周りにイルミネーション付の「葉っぱ」でショーウィンドウを囲みます。

 同時にガラスに「2002 IWATAYA CHRISTMAS」の文字を入れている模様。
 これらショーウィンドウのデザインは、岩田屋さんが決めたテーマに沿って業者さんにデザインしてもらい、その中で一番いいものをチョイスして決まるのだとか。

 どのような仕上がりになるのか楽しみにしていると、今度はマネキンが運び込まれてきました。…でもまだ裸。(いやん…ぽっ。)
 次にやってきたのは、クリスマスにはなくてはならないツリー。

 少し暗くなってきたところでイルミネーションチェック(!?)が始まりました。輝き具合はどう?
 やっと服を着せてもらえたマネキン。

 あ、でもまだは首をとられたまんま…。
 その後、予定の作業時間を少しオーバーしましたが、無事に完成しました!

 岩田屋の今年のクリスマスは、なかなか雪の降らない福岡・天神に『雪』をいろいろな形で表現しようと企画されたそう。
 きらめき通りには、ショーウィンドウだけでなく、雪の結晶のイルミネーションが輝く『SNOW STREET』が登場して、クリスマスを盛り上げます。

 この輝く雪の結晶は、カメラつきの携帯で撮影するのにちょうどいい高さ!ですので、絶好の記念撮影ポイント。
 その他、正面入口側には大きなツリー型のイルミネーション、正面入口には通るだけで幸せな気持ちになれる『SNOW GATE』が夜の天神を彩ります。

 買い物だけじゃない!岩田屋に行く楽しみが、また一つ増えましたね。

 ≪点灯期間≫ 11月22日(金)〜12月25日(水)
 点灯時間…16:00〜22:00
 イルミネーション個数…30,000個/他光ファイバー
このページのトップに戻る


 毎年ステキなツリーが登場する大丸。今年もパサージュ広場には巨大ツリーがお目見え。

 その作業工程はなんと3日間!(作業は夜間のみで、のべ24時間くらい)作業人数は約50名。

 まずは交通規制から始まります。
 ご存知でした?パサージュ広場はこの線(指差しているところ)を境に、公共の道路と大丸さんの敷地に分かれているのです。

 ですから、ここで作業をするには、道路使用許可を取らないといけないんですって!
 そこへ、大型トラックと共にやってきたのが巨大ツリーの部品。

 そう、高さ13mもあるこのツリーは、16分割されているのです。
 微妙に傾斜になっているパサージュ広場を水平にする為の土台を作って…
 その上に次々と部品が積まれて生きます。

 大掛かりな作業ですが、想像していたよりもずいぶん早く組み立てられていくので、ちょっとビックリ。
 毎年作業を担当されている業者さんだから、慣れているんですね。さすがプロ!

 最後にてっぺんのツリーをはめ込んで出来上がり!

 こうして一晩にして出現した巨大ツリーですが、これですべて完成という訳ではありません。

 そう、忘れてはならないイルミネーションの装飾が残っているのです!
 今年はブルーにきらめくクリスマスツリー。

 メインツリーの他、周りを彩る23本のサイドツリー(生木:ウラジロモミ)には青色発光ダイオードを使用していて、幻想的なきらめきを楽しむことができます。
 その青色発光ダイオード、環境に優しく、電器代がかからない(十分の一の電気代)のが特徴。それでいて、明るさは家庭で使っている蛍光灯の数十倍で、耐久性も抜群!

 ずっと使い続けることができ、最先端の技術で自然を守る、 まさに大丸の今年のテーマ「時をこえて美しく」を表現したツリーなのです。
 最後にオマケ。

 大丸の表にかかるクリスマスの垂れ幕が下りる瞬間です。

 全部降りたらどんなデザインが見れるのかは、実際に大丸へ行って確かめましょう!

 ≪点灯期間≫ 11月9日(土)〜12月25日(水)
 点灯時間…9:30〜23:00 ※最終日12/25は9:30〜22:00
 イルミネーション個数…30,000個/青色発光ダイオード使用
このページのトップに戻る


reported by akiko kosaka & sumiko umeno & mika ono