広島・尾道・四国の旅
5/3(水)フラワーフェスティバル・広島市内を観光
5/4(木)尾道寺めぐり、ロケ地めぐり・瀬戸内しまなみ海道
5/5(金)愛媛県で松山城観光・道後温泉

 3日目ともなると疲れが・・・。今日は愛媛県の海辺でゆっくり昼食をとりながら、何処に行くか話し合います。

何処の海かはわからないけど、透き通ってて、とてもキレイだったなぁ。

 愛媛県って有名な観光地を知らないから、、、まずは松山市へ行き、松山城の観光をする事に。

松山城まではリフトに乗ります。高い所は苦手だけど、松山市が一望できてすごく気持ちがいい!

 松山城に到着。これまた、松山城については全く知らないけど、資料によると、慶長7年(1602)に加藤嘉明(かとうよしあきら)が築城したらしい。(誰それ?)

さぁ、早速、城内を探検しましょう。

 そうその前に記念写真。ちゃんと観光地にはいるんですね、このような人達が。って一体なんの人なんだろう。

松山城の歴史の人なんかなぁ。

 さぁ、お城の中へ(天守閣)。

松山城は、姫路城、和歌山城と並ぶ日本の三大連立式平山城らしい。(って一体なんだ)

▼まめ知識
松山城の高さは132メートル/天守閣の1階251平方メートル/2階168平方メートル/3階102平方メートル/天守の高さ21メートル(こんなの知ってどうする??)

 3階まで上がると、松山市はもちろん、瀬戸内海、石鎚山を見渡す事ができます。

風が強くとても気持ちがよかった。

クリックしてみて→

 愛媛は、名湯・秘湯が目白押し!という事で「道後温泉」へ。

明治27年(1894)に建設された「道後温泉本館」は、日本で初の国の重要文化財の指定を受けている温泉だそう。木造の建物で多くの観光客で賑わっていました。(大衆浴場・今も入れる)

 道後温泉本館を好んで訪れていた?正岡子規、夏目漱石

夏目漱石の銅像の前で記念写真。温泉で体をゆっくりし、俳句を作ったのかなぁ。。

 

 道後温泉本館のすぐ近くに、すごい階段を発見。結構すごい階段じゃない?

観光するとこではないけど上ってみる事に。

←クリックしてみて

 とうちゃ〜く。ここは「伊佐○波神社」。(○は漢字がすごく難しくってわからんかった。)って何もないけど。 

 階段を上って疲れた後は「道後温泉」へ。

 

 「道後温泉本館」に入りたかったけど、ものすごく人が多かったので、「椿の湯」に入りに行った。その前に、「ようこそ、ぼっちゃんの道後温泉へ」と書いてある、せったを購入。(これがものすごく履きやすいのだ)

温泉は人が多くて(ウジャウジャしてた)よさがわからなかった。今度はゆっくり入りたい。

  帰りは愛媛県・佐田岬半島から大分の佐賀関までフェリーで帰ることに。

海沿いを車で走っていると、夕日が落ちているのがすごくキレイだった。ロマンチックだわぁ。この夕日を眺めながら松山名物「じゃこ天」を食べた。

 

 でも、驚いた。四国の佐田岬半島から大分の佐賀関までフェリーが出ている事。しかも1時間位しかかからないのだ。

 その事も驚いたけど、フェリーに乗ってさらに驚いた。フェリーの中はじゅうたんが敷かれていて乗客はみんなゴロ寝。私もゴロ寝。そっ、驚いたのは足の臭さ

 眠れんくらい臭い。鼻が飛んでいきそうなくらいなのだ・・・。この靴たちを見ればわかるでしょう。(私のせったも)

帰り着いたのは6(土)の深夜1時。本当はフェリーの予約がとれず、最終便(11時30分の・帰り着くのは深夜3時30分だった)に乗るはずだったが、私達だけ特別に一つ前の船に乗る事ができたのだ。(よかった。。)

 渋滞もなく、今までのGWの中で一番充実し、一番楽しい旅行でした。

2000/5/12 うめのすみこ(sumiko@fat.coara.or.jp

※掲載した商品に関するお問い合わせは、直接お店へお尋ねください(電話番号は上記参照)
内容は掲載した時点のもので、実際とは異なる場合がありますのでご注意ください


HOME(天神コアラ)TOPページ(福岡ショップガイド)福岡グルメガイドこんなとこ行ったぁ!