福岡の夜
デジタルハリウッド杉山校長・コアラ尾野事務局長
2000/4/15 大名 「草庵」にて会食

 先週の土曜日、デジタルハリウッド(DH)の杉山校長とDH福岡校の青木さん、秋庭さん、そしてコアラの尾野局長とハート新人・桝井さん、天神コアラの向井で夕食をご一緒しました。

 DHのこと、コアラのこと、創設期の話しから、将来の方向性について、さらに尾野・杉山両氏のお互いの意外な共通点も飛び出して、ワイワイと楽しい食事会(延々4時間!)になりました。

<以下、対談集>
尾野杉山さんがMITメディア・ラボの客員研究員に選ばれたとき、ボクはどんな人が行くのだろうと興味津々だったんですよ。だって、あのころメディア・ラボのこと分かっている人が少なかった時代でしょ?

杉山そうですね。メディア・ラボの見学にいった日大の先生からは「杉山みたいに、音響とかコンピューターとかやってるヤツには面白そうなところだぞ。」とは聞いていましたが、何せMITですからね。想像を超えるところがありました。選考はメディア・ラボの所長が面接すわけですが、留学経験があって英語もベラベラの優秀な研究者たちがことごとく落とされるんです!日大側がこの人ならいいだろうという人立派な人をあてがうと、必ず落とされる(笑)。ぼくはたしか13人目です。
尾野かっこいいねぇ、ゴルゴ13みたいで(笑)

杉山選ばれたときは、周りがとにかくびっくりしていました。後で仲良くなってから、なぜ選んでくれたのか訳を聞いたら、「面接のときニコニコしてたのは君だけだったんだ」と言われました(笑)。まいったなぁ〜て感じだったんですけど、ある種のコミュニティーなので、皆んなと仲良くできる人がよかったらしいです(笑)

尾野決してそれだけではなかろうけどね。。面白い話しですね。

杉山"MOJO"知之校長
MOJOの秘密は音楽コラム連載中の Sony Style


右から 桝井、尾野、向井
尾野そして帰ってきてからすぐ学校作っちゃった。
杉山当初のMacコースはどのクラスも8割が女性でした。最初のクラスは9割が女性でしたよ。関西系の押しが上手い広報担当の力もあったでしょうが(笑)

尾野ボクらはインターネットを東京以外の地方で一番最初にやったんですけど、その当時技術者もいないし、webクリエーターなんかもちろんいなかったですから、デザインに興味ありそうな女の子をスカウトして、パソコンの前に座らせて、HTMLを教えたんですよ。そうしたら今まで僕らが作ってるものとは全然違うホームページができちゃった。ビックリした。そのかわり、上げ膳据え膳で苦労もしたけど(笑)。
杉山あの頃ホームページが上がってくることが事体が少なかったでしょう。私もコアラさんのホームページすぐ見ましたよ。
尾野コアラの中にインサイダーというのがあって、それを本にしないかと今言ってるんですよ。

杉山コアラさんはADSLはどういう流れでやるようになったんですか?

尾野97年にNTTのマルチメディア地域実験があって、それでNTTはOCNを始めたのですが、その結果として日本で一番最初にNTTの局社の中に他の会社が装置を置くということを経験したんです。コロケーションですね。これをやってしまったら、電話回線を貸りて、これに繋げば皆んなインターネットできるということに気がついちゃったんです。そのときは許してもらえませんでしたが、可能なんです!それからなんですよ。97年頃から動き始めて、どうやらそれが「DSL」ということが分かってきて、そして実際に大分でとあるホテルで実験してみたり、シンガポールに視察に行ったりしました。
 また、福岡アメリカ領事館の案内で1ヶ月アメリカに招待してもらったことがあるんですが、そのとき無線やADSLを見て回って、このままでは日本は大遅れになってしまうということを帰ってあちこちに話したんです。するとたまたま郵政省の委員会でお世話になっている先生から、「尾野くん、君ならやれるんじゃない」といわれて、「はい、やります」ということになったんです。

大分-福岡間の移動は車が便利ですよ、2時間弱ですよ」と尾野局長。。それって飛ばしすぎじゃ。。
杉山東京では、イー・アクセスADSLを始めますね。
尾野あそこは技術力があるんじゃないですかね。僕達は世界最先端というより、今とりあえず手に入る技術で組み立てていく。僕は地域ということや、コミュニティということにこだわって特色を出していますが、イー・アクセスの場合はちょっと違う観点から技術を追求して、いいものができていくと思います。

杉山一方で、今度はソニーが無線でやりますね。
尾野これは、あまり驚かないです。僕達もこれはだいぶ議論してうまくいかないことを確認して、とりあえずDSLに走ったという経緯があります。無線を割り当てるとか、また新しい技術がでてくれば別でしょうが。。 実は、天神コアラにはすでに無線インターネットできる仕組みがあるんです。あちこちに出せるんです。ただ建物が多いから影になっちゃう。。(笑)
杉山そこなんです、無線の最大のデメリットは直進性ですね。アンテナが見えないとだめですから難しいですね。一応、1.5M双方向でるんだけど。。


「ワインはこうやって飲むんだよ」と、器用にグラスを回して喜ぶ杉山さん
尾野杉山さんは建築がご専門ということですが、建築ということでいえば、いま私達は竹中工務店と共同のプロジェクトをやってます。アメリカのカーネギーメロン大学のロボティクス研究所所長の金出武雄先生と行き投合して、彼の技術をベースにして、現実空間を複数のカメラで捕らえて(モーションキャプチャー)それをCG化ということ。しかもそれを竹中工務店が、2002年のサッカーワールドカップのサッカースタジアムという大きなスペースでやるために、郵政省からお金をもらって進めています。

青木先日、DH福岡校での公演のときに、このビデオを見せていただきました。
杉山2002年の大分はすごいですよね、ワールドカップがあるんだから

杉山これだけ大分がデジタル盛り上がって何年もたってるのに、まだ私は行ったことがないんですよ。

尾野あら、ぜひご招待しますよ。今度都合つけてきてください。大分県庁の担当者で、杉山さんに会いたいと言ってる人がいんですよ。デジタルハリウッドを誘致したがっていた人です。誘致にはやはり、受け皿がしっかりしていないとね。。受け皿ということでは、大分県立芸術短期大学や今年開校した立命館アジア太平洋大学。立命館のアジア展開は、DHのアジア展開と重なるところがありますから、そこにどう組み込んでいくか、青木さん、秋庭さんと考えていくところですね。急には難しいんですけどね、この宿題、なんとか提案していきたいと思います。
杉山・青木・秋庭よろしくお願いします。
杉山今、Sony Style の音楽のコーナーを担当してます。やりたい音楽はジャズなんですが、やってる音楽はロックなんですよね。。
尾野ボクはジャズやってて、学生のとき一緒にやってた辛島文雄や、もう一人もプロになちゃった。九州に誰か来るとトラで出演するテナーなんです。

杉山「トラ」って分かる?
青木トラディショナルですか? うーん何でしょう。。
杉山みんな分からないの?いやだなぁ。。「トラ」分かんないんじゃだめだよ。。勉強しなさい!
尾野webで調べなさい(笑)


コアラADSLの記事が載った新聞で、焼肉の炭を仰ぐ尾野局長と杉山さん
杉山コアラは今年で15周年ということですが、この15年間でどれぐらいのメンバーがかかわられたのですか?
尾野番号では今14.000番ぐらいですが、会員は1万人ぐらいですね。Apple社が番号を1番から付けていってるでしょう、あれと同じような気持ちでずっと付けていってるんですけどね。John Scully(Apple社の元会長)は2001番ですよ。あの時代のいろんな人たちが関わってくれましたよ。 まぁ、時代によってイメージは変わりますね。。会員が1万人近くになってくると、当時のコアラのイメージは薄れて、今は、利用者対サービス提供者という図式になって、より良いサービスを提供しなければならなくなる。そのために、株式会社化の準備を進めているところです。

杉山コアラのスタッフたちもずいぶん多く育てられたのでは?
尾野考えてみると、最初はスタッフなんていなかったのですが、今は女性が9人、ハートという技術グループが15人ぐらい、それからハイパーネットワーク社会研究所が10人弱、だから今は合わせて30数名ですね。もちろん入れ替わりもありました。育っていったというより、僕が育てられたような。。
尾野デジタルハリウッドは社員は何人ぐらいいるんですか?
杉山現存が110人。出入りだったら倍ぐらいでしょうね。
尾野素晴らしい、それぞれ出先機関があってそこを任せることができる人材を育てられていることに敬服します。。。。コアラは今までは任意団体でしたのでそこのところがとても取り組みが出来難かった、、、それを今回改めたい、、、

尾野最近はコンテンツの重要性ますます上がってきてますが、、
杉山そう、つい2日前にアメリカで日本人(もちろんDH卒業生)のCG作品が賞をとりまして、内容がチャンバラなんです。日本人にはどうってことないのでしょうが、これがアメリカ人に大ウケ!本人も狙っていたと思うんですが(どうやったらアメリカ人に受けるか数年単位で研究!)、狙い通りに賞をとりました。この「違う」ってことに価値があるんです。

尾野それがコンテンツですよね。私はDHの卒業作品を全部インターネットで公開して投票をするという企画を提案しているんです。
杉山いいですね。ぜひやりましょう。
尾野それにしても生徒さんは羨ましいですね。没頭できる時間がもてるというのが羨ましい。
杉山本当にそうですね。。 今年の入賞作品はDVDにして販売する予定です。

肩をたたいて「渇」を入れる杉山校長


考え込んでしまった青木さん
尾野今は、何に時間を使っていますか?
杉山やはり、人と会うことですかね。おかげさまでいろいろと提案していただく機会が多くて、本当に有り難いかぎりです。感謝の気持ち忘れないようにしています。

尾野それもこれも、いいイメージを作られたからだと思いますよ。「ハリウッド」という名前を選択んだのはよかったですね。先見の明があったと思います。
杉山当時は恥ずかしかったんですよ(笑)、でも分かりやすいですからね。名前は大事ですし。でも、アメリカ人に 「デジタル"ハリウッド"です」と言って名刺だすのも結構勇気いるんですよ(笑)
尾野「ハリウッド」というのが地名というより、産業を意味してるようになってきたからね。それに、ひとつのヴィジョンを示した言葉になっている。やはり先見の明があったんですよ。

尾野さきほどADSLのことを話しましたけど、ADSL + デジタルハリウッドということで何か新しい商品イメージが作れるならと考えています。東京では東京めたりっくもありますし。

杉山やはり僕もそろそろ責任として、ひとつ製作のプロジェクトを立ち上げなければいけない時期に来てるんです。そうすると高速回線を使ってやるということが事実起きるんです。だから、映画とか、そういうことを考えています。
尾野コンテンツの配信会社を作らねばいけませんね。最終的にはね。

「ボクもやっとこう」と桝井新人に渇入れ
杉山映画だと、1年〜2年立ち上がるまでにかかりますし、その間にネット状況も変わるでしょうし、また、クエリエーター達はADSLなんかを使って1.5Mぐらいでやりとりしながらそういう形で作っていって、そしてそれ自体もニュースにしながらやっていこうと思っています。

尾野僕は地域に住んでいるから、地域は顔を指すものだから、失敗がしにくいということがあります。1回失敗すると復活が非常に困難ということがあるので、確実にある程度のことしかやってない、だけど人からまたあんなことやってと思われることのあるんですが、だけど、そういうなかで最近気になっているのがインターネット放送局です。 僕らは97年からインターネット放送局という設備を作ってやってるんですが、今度は、スポンサーを集める気持ちでやろうと考えています。それにはコンテンツがとても重要になります。配信の仕組み、作る仕組み、DHの教育とどういった形で展開できるか考えています。


日本酒を飲み干す桝井さん。ビールは全然進まなかったのに日本酒になると気がつくとグラスが常に空、、、
杉山そろそろ、いろんなキャラクターの展開とかゲームへの展開はどこかに視野に入れつつも、「映画」をやってみる時期かもしれないと思っています。1度もフィルムに落とさない、ハードディスクからプロジェクターで上映。そうするとデジタルハリウッドらしいでしょう。これに向けて今年動こうと思います。福岡や大分、各地にチームがあって、そこを高速回線でやってみせる。

尾野それは、衛星放送のコンテンツとして考えるのもいいですね。ハードディスク内臓の装置向けの短編のコンテンツ、子ども向けのコンテンツを作りあげる人がいるといいですね。
杉山そう意味では、うちの学生たちは、2〜3分ぐらいの映像を作るわけですが、実はこれはすごいことなんです。
尾野そうです、起承転結をもって、2、3分でできるというのは大変な能力なんです。
杉山これから映像配信になれば世界中に出回るソフトになるんだろなと。

尾野長い番組というのは、それこそハリウッドとか、先ほどおっしゃった映画とかですよね。でも普段見るのは2、3分で十分なんです。
杉山そうなんです、また短編というのは新たなエリアなんです。映画館では短編は成り立ちにくいですが、配信という意味でものすごく価値があると思います。

尾野それを大事にしたいんです。それ配信できる人材も作りたいし、そのコンテンツを集めた放送局を作りたい。
杉山いいですね。それは絶対いいですね。DH福岡校も来年の3月にはいくつかいい作品ができると思いますので、これを配信していくということで。
尾野とても楽しみにしています。

秋庭さんは大食漢らしい、、それを杉山校長先生は心配している、、、


「ネタバレだぁ〜」 急に肩の力を抜いてしまって、、
(ここで杉山さんの書かれた本をいただいた尾野が、その本をパラパラめくっていて、突然スットンキョウな声を出した、、、)
尾野あれ、「夏への扉」って書いてる!ハインラインじゃないですか!
杉山僕は中学の頃はハインラインが1番の愛読書で。。
尾野僕もそうなんですよ!
杉山だから気が合うんだ!(笑)なんかバレバレですね。。僕も全部読んでますよ。
尾野僕も全部読んでますよ。あーあ、ジャズにハインライン、、、と、コアラの初期創立メンバーはそういった人たちが多かった、、、、なんだ、これじゃバレバレになってしまいますね。
杉山彼のは、どこか科学知識とつながるんで、実現可能なところで書いてるところがあるじゃないですか。だから、、くるんですよ。大ウソじゃないし。
尾野僕がコンピューターネットワークを作るというのもそこからなんですよ。ネタバレですね。。
杉山僕も影響受けましたよ。だから。。。

杉山デジタルハリウッドは今年からはグループとしてのパワーを出していこうと考えています。たぶん発表は連休明けぐらいになると思いますが、「コンテンツ系であればデジタルハリウッド」というような打ち出し方を社会にして行きたい。

尾野それは私も望むところであって、コアラがデジタルハリウッドと提携した理由も、そういうイメージを作ろうとしているからなのです。また、DHがコアラと組んだ理由というのは、これからは中央配信だけではなくて、地方の配信ということで、地方のビジネスモデルを考えるとき、そのひとつの事例としてコアラと組んだということで、それは日本全国、世界各地域でのモデルを視野に入れていると考えています。このことは郵政省の中でもそういう方向で話しています。
杉山ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

「ここの部分はカット、カット。オフレコでお願いします」
尾野こちらこそ、よろしくお願いします。
尾野去年の別府湾会議には、南カリフォルニア大学のワインバーグ先生や、マレーシアのマルチメディア大学のアブ・ハッサム学部長がきてくださったんですよ。そういう機会を地域で受け止めことができる人材も育てたいですね。

2000/4/21 むかいあきこ

HOME(天神コアラ)福岡グルメガイド福岡ショップガイドこんなとこ行ったぁ!ニューコアラ