豆まき。。

 「鬼は外、福は内」。今日、2月3日は節分です。子供の頃は、お父さんが鬼になって、お母さんが福になって、と豆まきをしていましたが、大人になってする事なくなりましたよね。

 そこで今日は、上川端通りにある福岡市櫛田神社の「節分祭」へ行ってきました。

 「お面の中をくぐると幸福になる」というお多福面。正面鳥居にあるお面はなんと、高さ5m30cmもあります。正面鳥居の顔はうれしそうな顔、裏は「もうお腹いっぱい、早く出て!」っていう顔のようです。

 境内に入ると、すでに多くの人が豆まきが始まるのを待っています。

 青鬼や赤鬼も棍棒を持って登場し、観光客やおじさん、おばさんに「一緒に写真写って下さい」との人気ブリです。

 

 子供に近寄り「ンギャ〜〜 〜」と泣き叫ばれている一面も。鬼は恐いイメージなのですが、ここの鬼はとても優しい鬼でした。(それじゃいかん?)

 そうそう、テレビ局はもちろん、普通の方がものすごい望遠カメラを持って、写真を撮りまくっている姿があちこちに。。日本の伝統を愛する方なのか?それともいい写真を撮って、どこかに投稿するのだろうかぁ。。(私達もパチパチ撮られていたんよ!!)

 さて、待ちにまった、「豆まき」です。まず、豆をまく、年男、年女(福岡市の小学生の先生、会社の社長さんなど)が入場してきます。その応援に?来ている若い社員のみなさん、生徒さんが「がんばれ〜〜〜」と声援を。。。
ちゃんと始まる前に厄払いもしてくれました。

 「鬼は〜外、福は〜内」のかけ声に合わせ、豆や五円玉、みかんなどが飛んできます。それをゲットしようと、ものすごい勢いで、おばさんおじさんが、後から押し寄ってくる。「後まで投げんやぁ〜」「取れん!」とか言いながら。。

  私はこの満員状態に、押しやられて後の方になってしまって、全く取れなかった。しかも後のおじさんが頭ボカってして痛いし。
 「あれ?友成さんは、、、」ず〜っと前の方に行っている。。

 この状態なのに友成さん、写真を写しながら、前の人の肩にのっていたカキピーをゲットしている。「すみちゃんおバタリアンすごかったね〜」と言っていたが、いやぁ、友成さんの方がすごい。。

 豆まきをした校長先生の応援にかけつけた生徒達。。とても楽しそう。
 今回、初めて、「節分祭」に行ったのですが、すごい面白かった。これで私の中にいた鬼は追い払えた、かなぁ?
友成さんのレポートはこちら



Reported by sumiko umeno (sumiko@fat.coara.or.jp)

HOME(天神コアラ)福岡グルメガイド福岡ショップガイドこんなとこ行ったぁ!