九州自然動物公園・アフリカンサファリ

 2日目。。九州自然動物公園・アフリカンサファリへ行ってきました。ここでは放し飼いにされている動物たちのパークをジャングルバスや自家用車でまわる事ができます。(1日目はこちら


 まずはジャングルバスに乗る。ジャングルバスに乗れば、直接、動物に餌を与えれます。この日は雪が降ってものすごく寒かった、(去年一番の寒さ)。しかも山の上にあるので風邪がビュービュー吹いている。最後まで絶えれるか。。

 さぁ、ゲートがゆっくり開きます・・・動物ゾーンは5つのセクションに分かれていて、まずは「クマ・マントヒヒゾーン」。マントヒヒはサファリバスの網に飛びつき、手を出してくる。用心しないと餌の入れ物をひっくり返すらしい。食べ物がなくなるとすぐいなくなる、賢い。。(猿にはみかんをあげた、寒さで冷凍みかんになっていた)

 

 クマはおとなしかった。専用の餌が用意されていたのですが、恐くて手ではあげれない。。近くで見るとものすごく大きかった。この手で頭を叩かれたらどうなるんだろう。。。

 つぎは私が一番好きなゾウがいる「ゾウ・ サイゾーン」です。ゆっくりバスに近づいて来て鼻を網に持ってきます。直接、手であげたのですが、ものすごく大きな鼻なので手まで吸い込まれそう。。しかも鼻水がすごいし。。

 恐竜のようなサイ。こんな大きいサイが車に体当りしてきたら。。(恐ろしい)サイはバスには寄ってこなかった。こんなに体が大きいのに草を食べるなんて、、、お腹いっぱいになるのだろうか。

 「草食ゾーン」のキリン。あたり前だけど首がものすごく長い。キリンには猿にあげたみかんの皮を食べさせた。(節約と言われていた)紫の舌が「ベロ〜ン」とのびてきて、まきながら餌を食べる。キリンはかわいいけど紫色の舌がちょっと。。(自家用車でまわった時キリンは車の横を歩いていた、すごく近かった)

 「ライオンゾーン」。さすが迫力あります。バスが止まるとゆっくり、ゆっくり歩いてきて、大きな口を「ガルルル・・」とあけ、生肉をペロリと食べてしまう。顔がすごく大きくほんとに恐い。。

 自家用車でまわった時、ライオンの横に付けると、じっとこっちを見て、のそっと立ち上がろうとした。ハンターの方が来てくれたからよかったものの、ライオンは車のタイヤを噛んでパンクさせるらしい。こんなとこで止って体当りでもされたら、、、あー恐ろしい。

 なわばり意識や闘争心がとても強いトラ。ライオンと同じく、大きな口をあけ生肉をペロリと食べてしまう。体の模様がとてもキレイだった。それにしても本当にデカイ。。

 変な顔だけど、ライオンと一緒になって口を大きくあけているのがわたし。。あっち(動物)があけていたら思わずあけてしまう。動物に餌をあげている写真はほとんど口をあいていました。。。

 温泉に入って、美味しい物を食べて、、とてもたのしい旅行でした。

<九州自然動物公園 アフリカンサファリ>
・大分県宇佐郡安心院町大字南畑 (0978)-48-2331  9:00〜17:00  
・料金/大人2300円、小人1300円



Reported by sumiko umeno (sumiko@fat.coara.or.jp)

HOME(天神コアラ)福岡グルメガイド福岡ショップガイドこんなとこ行ったぁ!