「川北勝三個展」 浮世パラダイス
10/21(水)〜11/2(水) 11:00〜19:00 歴史回廊「舷」


 福岡のコアラメンバー川北勝三さんが歴史回廊「舷」で「川北勝三個展 浮世パラダイス」を開催中。川北さんが約10年間で書かれた水彩画150点の中からお気に入りの作品47点を展示しています。

 場所は中央区渡辺通りの歴史回廊「舷」。横に川があるところ、古い感じの建物が気に入りここのイベントスペースを利用したそうです。1階には世界各国(戦前)のポスターカードや骨董品、陶器などの販売も。戦前のポスターを置いているのは九州ではここだけ!

←歴史回廊「舷」http://www2s.biglobe.ne.jp/~postcard/index.htm

 作品のテーマはすべて「日本と外国を一緒の枠に入れ、楽しい絵にする」です。中世の京都の様子を書いた有名な「洛中洛外図」を目標にされているそう。

 川北さんが一番好きな作品がこちら「遥かなるうごめき」。上のジャングルジムは大阪にある住吉公園、下はタイのバンコクの像、その後がフィンランドの建物。このように見たことのない空間の絵がとても多く見ていてとても楽しいです。ちなみに絵の題は絵を完成させた後につける。

←「遥かなるうごめき」

 世界で未解読の文字「ファイファトスの輪」を使った絵。文字を書くのが好きだそう。

鉛筆でデッサンし軽く水彩をかけている透明水彩画。この作品も川北さんお気に入り!

数の一番大きさの文字を使った絵。一番大きいのは大数!?インドのガンジス川の砂の数で例えている!!

ルーブル美術館にある石棺と時計。

 絵を書かれる為にギリシャからタイまで約30ヶ国を旅した川北さん。飛行機は乗れないから汽車やバスで。。。(猿岩石と反対の旅)これからは立体を使った絵を書いていきたい、音楽楽器を作りたい」と、話して下さいました。絵に興味がある方はぜひ足を運ばれてみてください、川北さんが付きっきりで説明してくれますよ!

「川北勝三個展 浮世パラダイス」   
★日  時:10/21(水)〜11/2(水) 11:00〜19:00(10/27(水)は休館日)
★場  所:歴史回廊「舷」(中央区渡辺通り)
★問合わせ:川北勝三 kitapp@elf.coara.or.jp 092-736-6351
(舷)http://www3.coara.or.jp/~kitapp



Reported by sumiko umeno (sumiko@fat.coara.or.jp)

HOME(天神コアラ)福岡グルメガイド福岡ショップガイドこんなとこ行ったぁ!