杉能舎(すぎのや)・浜地酒造の
酒蔵びらき

 お酒好きの人が首を長くして待っていた「酒蔵びらき」のシーズンです!

 清酒「富貴の誉」や博多の地ビール杉能舎」で有名な、福岡市西区にある浜地酒造の酒蔵びらきに行ってきました。


 今年しぼりたての新酒が味わえるとあって、朝から多くの人で賑わっていました。


しぼりたての富貴の誉

 


 純米酒なども自由に試飲できる

 酒蔵の中を見学することもできます。
 蔵の中は薄暗くて冷んやりとしています。

 奥には「酒蔵資料館」があって、酒造りの工程や、昔の道具などが紹介されています。



薄暗い蔵の中。お酒の香りが広がる

 

 清酒用のお米「山田錦」で遊ぶ子ども。高級米も子どもの手にかかれば格好のおもちゃに早変わり。「こら、やめんね!」というお母さんの声が蔵中に響いたのは言うまでもない。。。


 毎年3月下旬に出荷される季節限定販売の「 しずく搾り純米大吟醸」の予約も始まりました。

 機械を使わず搾った酒のしずくのみを使った贅沢なお酒なのだそうです。(1.8L 4500円)


しずく搾り純米大吟醸

 酒蔵の入り口では、ぜんざいなどがお客さんに無料でふるまわれていました。
 この日は少し寒かったので、温かいぜんざいはひときわおいしかったです。

 隣には、杉能舎の地ビール工房や、焼き立てパンのお店などがあり、そちらも賑わっていました。

杉能舎・浜地酒造
 〒819-03 福岡市西区元岡 092-806-1186

(むかいあきこ)