筥崎宮放生会




秋の到来を告げる博多の3大祭りのひとつ
放生会」が12(土)から筥崎宮で始まりました。

 

 筥崎宮の1kmの参道には700軒近くのさまざまな露店が立ち並んでます。

 そのさまざまな露店の中で、放生会の名物の1つといったら「しょうが」。
この地で栽培された特産物で縁起物です。

 もうひとつは放生会で忘れてはいけない「チャンポン」。
ガラスの管で出来ていて、息を吹くと底が震動して音が鳴る博多玩具なのです。

 


  

その他にもふだんのお祭りでは
見かけない露店もたくさん。
マジックショーやミニイベントも楽しめます。

 

 でもやっぱり、放生会といえば「見世物小屋」。
(700円)

 バナナの叩き売りのようなダミ声でおじさんが中にいる「河童小僧」について話してます。
河童小僧?どうやら河童が中にいるようです。


その言葉に誘われて入ってみると。。。
中にはおばあちゃんが!(かなりのおばあちゃん)
このおばあちゃん、火の付いたロウソクを顔の上に持ってきて
口にロウを垂らしてるではありませんか!
他にも鼻から口にチェーンを通したり、
木の葉をムシャムシャ食べたり・・・
でも一番驚いたのは芸をやっている間ず〜と無表情だったのです。。。
これが河童小僧なのか!

 河童小僧は謎に包まれたまま終わってしまった。

 放生会も今日で終わり!河童小僧に興味を持った方は今すぐ筥崎宮へ。。。



Reported by Sumiki Umeno