就職・転職のための合同イベント
ザ・天職フェア

 11/17(火)〜11/18(水)にかけて、福岡市天神・福岡国際ホールで開催されている「ザ・天職フェア」(問:092-751-6986)。

 初日の17日、就職・転職を希望する約800名の参加者が集いました。

 本フェアは、ホームページ(JOY LAND)でも情報を提供。企業への自己PR もホームページから可能です。

 会場にも、インターネット・アクセスブースが用意されています。

 今回48の企業が参加しての合同説明会、時勢を反映し、この時期でも新卒の参加者が多く、中高年層の方々の姿も見られます。

 (株)九州大有社・九州支社長・中原澄美子さん(大分中津市出身)に、今回のフェアについてお話しを伺いました。

 ----Uターン、Iターンの方も多いのでしょうか?
 そうですね、50代でリストラにあい、何をしていいのかわからない、という方もいらっしゃいました。
 今までは、技術を身につけて、ちょっと名前が通った会社にいれば安楽だと思っていた世界が崩壊してしまったんだ、ということを相談を受けながら、共に身につまされますね。

 ----若い方たちの反応はどうでしょうか?
 
学生さん達には、自を企業にアピールする術や、自分にあう仕事の見つけ方をお話ししています。
 それで本当に就職できるのだろうか、と思うような若者が多いのです。
 「卒業までに、時間があるでしょう?おしゃれやブランド物を買うお金があるなら、パソコン教室に通って、インターネットくらいできるようになるように自分に投資しなさい。」と伝えてます。

 ----企業はどうでしょう?
 福岡はインターネットを導入していない企業が多いですね。そこからより良き人材の選出が可能なだけに残念です。
 ----この時勢であって、企業の求めている人材は?
 企業は有能な人材をリストラしません。学歴、頭の良さの前に、前向きな姿勢と、情熱があるかどうかです。
 自分に自信をもたなければ、また、インターネットくらいやってなければ「違う人材」を探している企業にはなかなか受け入れられないのですが・・・。

 ----女性はどうでしょう?
 実は、男性よりも女性の方が好奇心旺盛で、パソコンやインターネットへの取組も前向きです。
 家庭でテレビを見るようにインターネットが使える時代が早くくるべきだと思います。  


 中原さんご自身は、非常に早い時期からインターネットをビジネス・プライベートに利用されているそうです。

 この「天職フェア」は、福岡と北九州にて、今後2ヵ月に1度開催される予定。3月、4月、5月には、早々に新卒対象のフェアが開催されます。
 今週中には、福岡県より各大学の内定率が発表される予定。今年、来年と、ますます厳しい就職戦線が露呈されるでしょう。


Reported by Miho Tomonari, 1998/11/17